トップ / 将来のための収益物件

将来のための収益物件

収益物件でのリスク

有価証券

不動産の付随費用に関する知識

土地や建物の売買は、金額も大きく、多くの人にとって、取引の機会は限られています。 取引にあたって、売買価額のほかに必要な費用は、契約書に貼る印紙代、不動産会社が仲介する場合は仲介手数料が必要です。 その他、所有権の移転登記が必要ですが、登記費用は買い手が負担するほか、ローンを利用する場合、抵当権の設定登記に費用や、ローンの諸費用も必要です。 販売や仲介をしている不動産会社に、付随費用の総額も確認しておくと安心です。

投資商品であるみんなで大家さん

みんなで大家さんは都市綜研インベストファンドが運営する投資商品で、1口100万円から投資できます。年に6回配当があり、利回りとしては6%という高利回りが期待できます。みんなで大家さんはいろいろな商業施設や物件に投資し、その家賃収入を投資家に配分します。今26号が募集されていますが、これまで元本割れしたことがありません。投資商品なのでリスクはありますが、3年間100万円を6%で運用できたらこのマイナスゼロ金利の時代、魅力的な商品です。

↑PAGE TOP